カードローンの在籍確認は何をすればよい?

カードローンはお金を借りるサービスであるため、申し込み時に名前や住所等を登録するだけではなく、必ず審査が行われます。この審査の一環として行われるのが在籍確認です。在籍確認とは具体的にどのようなことを行われるのでしょうか。

まず在籍確認の目的ですが、カードの申し込み時に申告した勤務先に実際に勤めているかどうかを確認するためとなります。確認方法は会社によって異なりますが、一般的には勤務先として申告した会社に直接電話をかけて、在籍しているかどうかを確認する方法が多いです。

ただ、最近は個人情報の保護などの問題で、在籍確認の電話に回答しないルールになっている企業も増えてきています。もし自分の会社がそのようなルールになっているのならば、会社の総務部門などに相談して、在籍証明書を発行してもらうという方法もあります。カードローンの会社によっては、社員証の提示で確認となる場合もあります。また自営業や自由業の場合は、仕事用に使っている電話番号を申し込み時に申告して、その電話番号で本人が電話を受ければそれで在籍確認が完了したことになることが多いです。

いずれにせよ、申し込み時に実際に勤務している勤め先をしっかりと申告すれば問題ありませんので、落ち着いて対処しましょう。

プロミスならば、在籍確認の電話なしでも審査に通る件について。

まず、在籍確認とは、カードやキャッシングの申込みの際に勤務先に本当に勤めているのかを確認する電話の事です。名前だけを確認して終了する場合が殆どですが、住所や生年月日を聞かれたりする時もあります。その為、消費者金融からお金を借りているのではないかと職場の人に怪しまれるケースがあります。部署や立場によっては出世に響く事もあり、困りものです。

次に、プロミスは、そんな在籍確認の電話がかかって来ません。ただし、申込みの時に担当者に会社に電話しないで欲しい旨を伝えて下さい。消費者金融が重視するのは、返済能力なので、勤務先情報は重要です。

そして、プロミスでは在籍確認を最後に行います。本審査である借入審査に通った方のみが在籍確認に進むからです。職場への電話が来るタイミングは、申込みを行った日です。午前中に申込んだなら、正午~夕方にかかってきます。また、在籍確認の電話を時間指定する事も可能です。

最後に、審査に必要な運転免許等の身分証明書や確定申告書や税額通知書等の収入証明書がスマートフォンやインターネットでより簡単にアップロードして送信できるようになったので、最短1時間で借入できます。プロミスならば、24時間365日いつでも申込み可能です。

カードローンの在籍確認とは

カードローンやキャッシングを利用する際に、在籍確認が行われる場合があります。在籍確認とは、キャッシングの申し込みをした後、勤務先にキャッシングの申し込みをした人が本当に勤務をしているのか調べるためのものです。

お金を借りていることを他人に知られたくないという人は多いと思いますが、在籍確認はほとんどのカード会社で必須であるとされています。消費者金融でも、銀行でも在籍確認は行われています。

キャッシングの申し込みをする際に、実際に勤務していない会社の情報を提出したり、すでに退職している会社の情報を書き込んだりするようなトラブルを防ぐためです。そのような事態が起これば、正確な審査ができなくなります。

在籍確認が行われるタイミングとしては、申込みをしたのちに審査が行われますが、その際に在籍確認が行われます。在籍確認が取れれば、再度本人に契約の意志を確認し、契約、カード発行、借入という順序で進んでいきます。

基本的にはこのような流れですが、業者やお客さんの流れによっては順序が前後することもあると言われています。在籍確認と契約の意志確認、本人確認書類の提出などの順番は前後する可能性が高いと言われています。