カードローンの在籍確認は何をすればよい?

カードローンはお金を借りるサービスであるため、申し込み時に名前や住所等を登録するだけではなく、必ず審査が行われます。この審査の一環として行われるのが在籍確認です。在籍確認とは具体的にどのようなことを行われるのでしょうか。

まず在籍確認の目的ですが、カードの申し込み時に申告した勤務先に実際に勤めているかどうかを確認するためとなります。確認方法は会社によって異なりますが、一般的には勤務先として申告した会社に直接電話をかけて、在籍しているかどうかを確認する方法が多いです。

ただ、最近は個人情報の保護などの問題で、在籍確認の電話に回答しないルールになっている企業も増えてきています。もし自分の会社がそのようなルールになっているのならば、会社の総務部門などに相談して、在籍証明書を発行してもらうという方法もあります。カードローンの会社によっては、社員証の提示で確認となる場合もあります。また自営業や自由業の場合は、仕事用に使っている電話番号を申し込み時に申告して、その電話番号で本人が電話を受ければそれで在籍確認が完了したことになることが多いです。

いずれにせよ、申し込み時に実際に勤務している勤め先をしっかりと申告すれば問題ありませんので、落ち着いて対処しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です