カードローンの在籍確認とは

カードローンやキャッシングを利用する際に、在籍確認が行われる場合があります。在籍確認とは、キャッシングの申し込みをした後、勤務先にキャッシングの申し込みをした人が本当に勤務をしているのか調べるためのものです。

お金を借りていることを他人に知られたくないという人は多いと思いますが、在籍確認はほとんどのカード会社で必須であるとされています。消費者金融でも、銀行でも在籍確認は行われています。

キャッシングの申し込みをする際に、実際に勤務していない会社の情報を提出したり、すでに退職している会社の情報を書き込んだりするようなトラブルを防ぐためです。そのような事態が起これば、正確な審査ができなくなります。

在籍確認が行われるタイミングとしては、申込みをしたのちに審査が行われますが、その際に在籍確認が行われます。在籍確認が取れれば、再度本人に契約の意志を確認し、契約、カード発行、借入という順序で進んでいきます。

基本的にはこのような流れですが、業者やお客さんの流れによっては順序が前後することもあると言われています。在籍確認と契約の意志確認、本人確認書類の提出などの順番は前後する可能性が高いと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です